読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

処罰感情

前回は「告白」という湊かなえ原作の映画のことを書きました。あれも一応自分の正直な気持ちですが。今回はそれと矛盾することを書きます。

映画の内容について、私は精神を追い詰める人は残虐だと書きました。人に苦痛を与えることは、それ自体悪のような気がしていたからです。でも、これにも抜け道が存在することに最近ようやく気付きました。

悪いことをする人は、罰を受けるべきだという気持ちが心の中に確かにあるのです。政治的なことで言うなら、北朝鮮金正恩は死んだらいいのにと思いますし、ジャーナリストを暗殺させた疑いのあるプーチンなどは同じように殺されればいいと思います。

もっと身近なところでは、例えば犯罪を犯した人が厳重に処罰されるのは当然のことだと思います。そうでなければ怒りますし、声を上げて批判したくなります。Twitterなどで悪いことをしている人へのバッシングが上がるのは日常茶飯事ですし。

例えば無茶な運転をしている車に衝突されてそのまま逃げられたら。何の関係もないのにナイフで刺されたら。ただ通りすがっただけで金品を奪われたりしたら。

相手にも事情があったんだよねとはほとんど考えません。その人の事情なんか他の人には関係がないし、謝ってすまされるぐらいなら、同じぐらいひどい目に合わせてやりたいしそうなるべきだとも思います。

でも、その処罰感情が行き過ぎるとどうなるか。例えば金正恩が捕らえられ、ネットで公開銃殺刑になったとしたらどうでしょうか。悲鳴や怒号の上がる暴力のむごいシーンを目の当たりにして、本当にそうなるべきだと言えるでしょうか。

告白という映画に戻ると、処罰感情が絶対に正しいなら、復讐も正しいことになります。娘を理不尽に奪われたのですから、相手の少年を追い詰めて殺すことも正しいということになります。

そう思うと、罰せられるべきという感情と、実際の罰とはどのぐらいのバランスを持つべきなのか。考えるほど分からなくなってきました。

死んだらいいのにとよく思ったりしますが、実際にその人の命が消えようとしている場面に遭遇して、さあ死ねすぐ死ねとけしかけるようなことはとてもできそうにありません。命を消す残虐さに震えるだけです。

ただ、でも罰を逃れて平然としている人はいるわけで。その人たちは何の痛みも感じなくていいのかと思うと、ひどい目にあったってその人が悪いんでしょと思いたくもなります。

結論は──とても出ません。分かりません。

正義感からか、ニュースで悪いことをしている人を見るとカッと頭に血が上ります。傍から見ているだけなので、ケシカランと言って憤慨していても何も問題ありませんが。

当事者になったとき、処罰感情が暴走して相手を無情なまでに追い詰めるのか、それとも相手の人間性を尊重して空しく諦めようとするのか。本当に難しいことだと思います。

私も「他人を精神的に追い詰める残虐な人」の一人。罰したい気持ちがあらゆる面で一線を越えないことを祈るばかりです。

手のひらを反すように

最近頭にくる出来事がありました。M哲という人が私の名前を出して文句を言っていたこと。一応経緯を書いてみます。

私が通う作業所では調理の授産があります。そこでのミーティングのこと。豚肉を切って小分けにして冷凍するときにラップで巻くのですが、豚肉を切った人は生の肉を触った手でラップの箱をつかむことが多く、私が担当する生で食べるものを扱うほうもそのラップを使うため、衛生的に怖いという問題提起をしました。

それに対して責任者は、そもそも豚肉を触る人が他の物を触るのがよくないという風に言い始め、豚肉を素手で一枚一枚触るM哲に対してその責任者が手を洗うように指示をしました。

ところが。調理を終えたM哲に責任者が手を洗うように指示をすると、私(月村)の分だけ分けといたらいいんじゃないの、とか、僕にやるなって言ってるのか、とか、憤慨したように文句をつけ始めたのです。

豚肉のことで今まで注意されたことがないと、しばらく責任者と口論し、私が偉そうに言うということまで言い始めました。その時点で責任者との会話は丸聞こえでしたから、私のほうも妙な言いがかりをつけられて頭がカッとなりました。

どうもM哲は、豚肉のラップを同じにするのは危ないのではないかという私の意見を、自分への批判ととらえて解釈したようです。ミーティングでの話の内容が理解できなかったのでしょう。知的障がいがあることもあり、話の内容が漠然と分からないまま責任者に手を洗うよう指示されたことで、私がM哲が手を洗っていないと言っているのだと受け取ったようです。

繰り返しますが、私は豚肉のばい菌がついたラップが生ものを扱う私のところに影響するのは困るという風に言っただけです。M哲のことに関して発言したのは責任者のスタッフです。

でも私はM哲によって悪者にされ、偉そうに意見すると思われました。M哲は責任者のスタッフにしばらく諭されているようでしたが、その後謝ってくることはありませんでした。

勘違いしたなら仕方がありません。それが彼の障がいです。でも、勘違いのままこちらを一方的に貶め、その後ずっと無視され続けています。スタッフが説明しても理解していません。スタッフはM哲が理解したようだと勘違いしていますが。

私はM哲と同じように彼を無視することに決めました。普段はしつこくからんでくるのに、何か事があったらまるで手のひらを反(かえ)すような態度で腹が立ちます。前々からこういうところが嫌でしたが、今度という今度は愛想が尽きました。

漢字が書けないときに代筆したりとか、分からないことを調べたりとか、いろいろやってあげたことがあります。でも、こういう形で踏みにじってくるなら二度と何もするまい。なんかそんな風に思います。

M哲のことはスタッフに丸投げして、接点を持たないことがお互いにとって一番いいかもしれません。

告白という映画

先日NHK-BSプレミアムで「告白」という映画を見ました。湊かなえの小説が原作で、松たか子が主演の映画です。湊かなえはメディア等の評判で結構怖いという話を聞いていたので、見るかどうかためらいましたが、結局最後まで見てしまいました。

感想を端的に書くと、「全員むごい」です。自分たちの勝手な主義・主張のために、罪もない子を手にかけた生徒2人。自分の子供の悪い部分を見ることを拒否し、我が子を刺した母親、執拗ないじめを繰り返したクラスの生徒たち、何の事情も知らずに勝手な理想論で自己満足に走った教師、その教師に責任を全てなすりつけた女子生徒。

そして、我が子を殺された復習に家庭や人間関係を崩壊に追い込み、憎しみ合うように他人を操作した女性教師──松たか子さんが演じた森口という女性教師のことです。

全てがドス黒い雰囲気に憑りつかれていたような、救いのない物語でした。もちろん、冷静に考えると、ここまでの惨状が繰り広げられるというのはおかしな話で、松たか子さんも警察に捕まりそうなものなのですが。

物語の雰囲気が、全て順調に運んでしまったということを違和感のないように感じさせてしまいます。

私がこの物語で見たのは、「子どもの残虐性や、表に出てこない悪意を、まるで見ようとしない大人たち」でした。森口という女性教師の娘を殺害した生徒2人の残虐さ悪意に、教師や親は誰も気が付きませんでした。

途中で森口の子どもを殺害した生徒2人は、それぞれ近しい関係の人を1人、殺害しています。

この映画では少年法によって守られるということに対してかなり鋭い皮肉を込めて描かれています。反省の作文を書けばそれですんでしまうと劇中のセリフがあります。一度本人が地獄に落ちてからが本当の更生だ、という風にも感じる強烈なラストに、何がいいのか悪いのか、複雑な気持ちになりました。

気持ちは何だか分かりそうな気がします。自分の子どもを殺されたら、怒らないわけにはいきません。でも、他人に精神的に強烈な恐怖や圧迫を与えることは、じゃあ許されるのかと考えると、そうだとは私には簡単に言えません。

家庭を崩壊させて親が子を、子が親を包丁で刺すような状態を作ったり、クラスの生徒がいじめをするような状態を作ったり。血が飛び散るような凄惨な光景を目の当たりにすると、一番むごいのは森口だと思えてなりません。

ついでに言うと、森口は直接関係ない教師を操作して、彼の教師人生を再生することもできないほど粉々に叩き壊しました。無関係な人間を巻き込んだわけです。少年が作った爆弾を母親のところに移動させたりもしました。彼女の復讐のために。

心を追い詰めることを意図的にする人間は、とても残虐な人だ。精神的に追い詰められたことのある私は、そう感じます。

あるいは森口自身も誰かによって止められなければいけなかったかもしれない。そこには、狂気に取り込まれた、精神を病んだ姿が垣間見られます。

したいこと、生きること

この頃、年齢も30代後半にさしかかり、時々自分自身の希望の持てない人生について考えることが増えてきました。30代後半は平均年齢から考えても、もう半分過ぎてしまったのだと。

早く終わった方がいいと思いながら、一方でこのまま終わるのが無性につらくて。最近はなるべく、未来の不安より、過去の後悔より、今現在を一生懸命より良く生きることを中心に考えていますが。ふと立ち止まると、どんどんいろんなものがなくなっていきつつあることに言いようのない恐怖を感じます。

何を選ぶこともありませんでしたが、実は何も選ばないという選択肢を選び、ここまできてしまいました。

両親が死んでしまったらどうしよう。他の人にかわいがられない自分は生活保護も認められずに飢え死にするのではと、ないようでありそうな可能性に震えます。考えたら、社会人として働いたことはほとんどありません。

こういう自分を生かしていく方法を全く考えてきませんでした。精神科に通っている今もこういった状況は変わっていません。

他の人は生きていくために、勉強したり人脈を作ったり能力を高めたり、いろいろしているのに。私はどれもしてきませんでした。生きられる努力なんかしたくなかった。

今は社会のセーフティーネットに何とか助けられています。作業所に通うことで自分の居場所を作ることができたり。かりそめのものかもしれませんが。

死ぬまでにどうやって生きていくかというプランはもちろんありません。働く場所も見つけられないかもしれないし、他の人とつながることもできないかもしれないし、能力も知力も悲しいほど役に立たないかもしれません。

ただ、精神の病気になって死にましたではあまりにもつまらないので。自分がしたいことがないかなとか、楽しいこと、おいしいこと、いろいろ体験してからにしたいなという願望が湧いてきました。

だからといってそんなに金があるわけでもないので、楽しめることはそう多くはありませんが。時間はどんどんなくなっていってしまうので、生涯たった一人だとしても、自分を捨てないでいられる人生になってほしいと思います。

まあ、生きるためには働く必要があって、望む望まないにかかわらず、就労にはいずれ踏み込まないといけませんが。働くことの意味とか、生きるために働くことをどう自分のために結び付けていくかとか、難しいことは山のようにありますが。

おかまと言われて、男女の世界から出なければいけなかった私の人生。私は私のまま、性マイノリティーを飾らずに生きていって、なるべく喜んで生きられたら。

そうなったらいいなぁ。

そうなってほしい、と思います。かなうかかなわないかは、もうちょっと先の話。

ガサガサ

この時期になると、いっつもいっつも気になること。

━━手荒れ。

冬になると、手の皮脂が少なくなるのか、手がささくれてきます。その予防に結構必死にハンドクリームを塗っているのですが。手洗いの頻度が高くなると、どうしても手がガサガサになってきます。

強迫性障害があります。何か汚いものが手につくと、そのまま他の物に触るのが気になって手を洗ってしまいます。これはこれで、潔癖症と割り切ってしまえばそんなにたいそうなことでもないのですが。

ただ、ここに調理の作業が入ってくると事情が変わります。調理では手の清潔が絶対条件ですので、しっかりと手を洗わずにはいられません。そして、手の清潔さを保つためには、ばい菌がついているものに触れられませんし、触れたが最後、手を洗わなくてはいけなくなります。

これが意外と厄介。ドアノブを触る、手を洗う、棚を開ける、手を洗う、台ふきんも食品を触るときに不安なので、触ったら手を洗う、などなど。ドアノブはティッシュペーパーの上から触るとか、なるべく手を洗う回数を減らしてはいますが、それでもかなり神経質になるのは確か。

以前は冬になるとほぼ例外なく手のパックリ割れを起こし、頻繁に割れ目から血が出てくるというひどい有様でした。今年は気が付いたらすぐにハンドクリームで保護しているので、まだパックリ割れは起きていません。ただ、手がカサカサになって赤くなったりかゆみが出たりするのは避けられず。手を洗うこともほどほどにしたいのに、調理での清潔さを完璧にしようとして、手が犠牲になります。

他の人がどうかは以前記事で書きました。あまりにも無頓着でこちらがイライラします。

ばい菌というのは目に見えないので、ついているかついていないか分かりません。でももしついていないと思ってついていたら大変だと思って、いつもいつもばい菌がついているという前提に立って手を洗います。手を洗わずに素手でお菓子を口に入れる人を見ると、とてもシンジラレナイ。

ばい菌が……ついてます……ばい菌……。

これでも一応手を洗うことへの工夫はしました。毎回石鹸で洗うと皮脂がごっそり落ちてしまうので、なるべく水や湯だけで少し長めに手もみ洗いする、とか。これだけでもかなり菌が減ると信じてなるべくそうしてます。本当は石鹸で洗いたいけど。

これも、便や汚物になるともうだめ。石鹸をつけることは絶対に譲れなくなります。

結局そんなこんなで一年中ハンドクリームつけてますよ。私。

手荒れが一生の友達なんて。なんかヤだなぁ。

福祉ってどんなものか

ある内職をやっていたときのことです。知的障がいがあるM哲という男性が内職を始めようとしました。その内職はある紙の枚数を何十枚か数えることから始まります。M哲はいつもと同じように数え始めました。でも、実は彼にとって、数えることはとても苦労することのひとつです。

彼は一応物を数えることはできますが、よく間違えます。数の数え方をきちんと教わることができなかったのかもしれません。他の人と同じようにやろうとしますが、結構な確率で数を飛ばしたり、数え間違えます。お金の計算もそうです。桁の概念もあやふやなので、500を50と言ったりすることもよくあります。

今日はその内職でM哲の不正が発覚し、スタッフに大分怒られていました。紙の枚数を数えたかと聞かれ、数えたと嘘をついたのです。でもすぐ間近にいたスタッフをだますことができず、お説教となってしまったのでした。

でもこの内職で怒られることになったのは、割と最近になってから。それまでは紙の枚数ではなく、別の分厚い冊子のほうを数えていたため、割と数えやすかったこと。そして。多分誰も数えたかどうか詰問しなかったため、数える工程をこっそり省略していたのだと思います。数えていたら数が合わずに何度も数え直すはずですから。

M哲は何度も怒られながら、何回も紙の枚数を数えていました。そして何度も間違えていました。紙の枚数を数えることも仕事に入っているとスタッフはM哲を責め立てます。M哲は作業工賃がちょっとでも欲しいので、早くやりたいのになかなか進まず、苛立っていたのではと思います。

この状況を内職をしながら聞いていました。確かに、数えることも仕事のうちです。他の人が面倒でも数えているのに、ひとりだけ数えないというのでは公平ではありません。

でも。本人のプライドをねじ曲げるような形で、その人が不得意なことを厳しく追及し、きちんとできないと許さないというのが少し引っかかりました。同情したわけではありません。私はM哲が嫌いですし、彼が守銭奴みたいに工賃に固執するのをうっとうしく思っていました。

ただ、こんな風に他の人がいるところで、できないことをことさら怒られなければいけないものだろうか、と思いました。彼が数えられないことは、しばらく見ていればすぐに分かるはずです。その苦手に真っ向から向かい合わせて逃げることを許さないのは、福祉のすることだろうか、と。

福祉って、できないことを認めてくれるものじゃないのだろうか。いたずらに苦しめることは、その人の尊厳を踏みにじっていることにはならないか。

親が子どもに苦手を克服するために鬼になるというのは、まあ分かります。でも、福祉施設の職員は親の代わりではないし、またその必要もないはず。数えるのが苦手なら、別の形でその人がやりやすいように支援できないものなんだろうか。

やみくもに間違えたらダメだと目を吊り上げるより、ここまで数えられましたねと言って、不必要な罪悪感を与えるでもなく、プライドをへし折るでもなく、その人が今できることを大事にしてあげてほしい。

━━と、頭の隅でそんなことが思い浮かびました。

利用者を尊ぶ気持ちが欠けているような。そういう違和感がありました。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

2017年になりましたね。

またひとつ歳をとるので、この歳になるとあんまり嬉しくない……。

 

今年は精神障がい者3級の手帳の申請をするつもりでいます。

親も高齢になってきたので、私がある程度収入があった方がいいでしょうし。

就労移行支援にチャレンジするか、あるいは就労継続支援A型の作業所に行くとか。

もう障がい者として就労する方向でいます。健常者としてでは雇ってもらえないでしょうから。

あぁ、とうとう自分が望んでいない仕事を、死ぬまで続けることになるのか……。

生活するためだけに。

B型作業所にずっといられるなら、それでよかったのに。

 

休所中の間に自分の顔を鏡で見て、気持ち悪いということを改めて感じて落ち込みました。

こういう人間が生きていくにはどうしたらいいんだろう。

 

暗い気持ちでの新年スタートとなりました。

とりあえず最初の第一歩。