A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

雑記

障がい者という道へ

最近になって、以前に申請していた精神障がい者保険福祉手帳の審査結果が届きました。申請したのは、これから移ろうとしているA型の作業所の責任者が、ゆくゆくは障がい者手帳を取ってもらいたいと希望していることを聞いたからです。 その時点では見学もし…

かばう人とけなす人

タイトルの通り、必死にかばう人と必死にけなす人がいます。私は主にけなすほう。まあ何のことか分かりませんよね。 M伴という女性の話です。その女性の家族は両親を除いて子ども2人が統合失調症という精神疾患を抱えています。M伴はそのうちのひとり。もう…

A型探しはどこへいく

施設長や常勤スタッフがすっかり嫌になってからしばらく経ちます。あれから作業所を移ろうかと思って、地域活動支援センター(地活と略)のケースワーカーさんに相談をしています。 私の場合、いろいろと以前に書いた通り、経済的な困窮が現実問題として常に横…

パワハラ

最近非常勤の女性スタッフUと話していて、施設長たち常勤スタッフのことを聞く機会がありました。以前から常勤スタッフの感心しない話はちらほらと聞いたものでしたが。 一つ目は、Uが減給されたこと。ある内職の最後の仕上げはスタッフがすることになってい…

心のシグナル

普段から障がい者として作業所で過ごしている私ですが、作業所の人の大半は統合失調症という病気で、でもそのほとんどの人が薬で割と安定しています。ただ、そんな彼等を見ていても、ちょっと異常じゃないかと思う人がたまにいます。 以前にも少し書いたこと…

消えた夢

私には少し前まで夢がありました。それは、いつか諦めるときがくると思いながらも、なかなか捨てられなかった夢。その夢とは、「心の専門家になる」というものです。具体的に言うと、臨床心理士になるのが私の夢でした。 昔から人の気持ちに対して意識するこ…

居場所をなくしたら

今の作業所に通い始めてから今月で10年経ちました。通い始めた当初から人間関係やその他のことが全てうまくいったということはなく、人間関係も、通い始めて間もなくは全く築くことができませんでした。 従来の人見知りに加え、周囲と壁を作る自分の性質が悪…

挨拶が苦手

挨拶が苦手です。近所の人ともあまり挨拶をしません。挨拶をしてきた人には挨拶をしますが、基本的に自分から挨拶することはほとんどありません。そのせいか、特定の人を除いてはほとんど誰も挨拶してきませんし、大方無視して家の中に入ったり出かけたりし…

処罰感情

前回は「告白」という湊かなえ原作の映画のことを書きました。あれも一応自分の正直な気持ちですが。今回はそれと矛盾することを書きます。 映画の内容について、私は精神を追い詰める人は残虐だと書きました。人に苦痛を与えることは、それ自体悪のような気…

手のひらを反すように

最近頭にくる出来事がありました。M哲という人が私の名前を出して文句を言っていたこと。一応経緯を書いてみます。 私が通う作業所では調理の授産があります。そこでのミーティングのこと。豚肉を切って小分けにして冷凍するときにラップで巻くのですが、豚…

告白という映画

先日NHK-BSプレミアムで「告白」という映画を見ました。湊かなえの小説が原作で、松たか子が主演の映画です。湊かなえはメディア等の評判で結構怖いという話を聞いていたので、見るかどうかためらいましたが、結局最後まで見てしまいました。 感想を端的に書…

したいこと、生きること

この頃、年齢も30代後半にさしかかり、時々自分自身の希望の持てない人生について考えることが増えてきました。30代後半は平均年齢から考えても、もう半分過ぎてしまったのだと。 早く終わった方がいいと思いながら、一方でこのまま終わるのが無性につら…

ガサガサ

この時期になると、いっつもいっつも気になること。 ━━手荒れ。 冬になると、手の皮脂が少なくなるのか、手がささくれてきます。その予防に結構必死にハンドクリームを塗っているのですが。手洗いの頻度が高くなると、どうしても手がガサガサになってきます…

福祉ってどんなものか

ある内職をやっていたときのことです。知的障がいがあるM哲という男性が内職を始めようとしました。その内職はある紙の枚数を何十枚か数えることから始まります。M哲はいつもと同じように数え始めました。でも、実は彼にとって、数えることはとても苦労する…

優劣をつけるクセ

私には他の人と比較してしまう癖があります。他の人が褒められていると、その点と自分の能力とを比較して。自分の方が優れていると思うときは少しは落ち着いていられるのですが。自分の方が劣っていると思うときは、自分の方が上でないことを、いつまでも妬…

他人に大事にされない私

前回病院に行ったという記事を書きましたが、あれから「他人に大事にぞんざいに扱われること」に対して敏感になってきました。医者だって人間ですから、合う人、合わない人はいて当たり前なのですが。もしかしたら私だけがこんな扱いなのかも、と猜疑心にか…

感染拡大中

前回の記事から病院に行ってきました。2か所も。1か所目は大きな総合病院。2か所目は大きめのクリニックです。 1か所目の総合病院では、自身の症状を正直に答えたつもりでした。でも、不定愁訴では病状がぼやけるみたいな言い方をされ、感染症に関しては…

退行

心理学の言葉で「退行」というものがあります。いろいろ意味はあるようですが、ここでは幼児がえりの状態を限定的にそう呼ぶことにします。 退行は自己防衛機制のひとつと説明されるのをよく見かけます。自分を不安やストレスから守るために言動を幼児化させ…

老いる

なぜか子どもの頃のままでいられるとずっと思ってましたが。30歳を過ぎると、以前とは違うなぁと思うことがいくつか出てきました。 やっぱり一番最初に気が付くのが、肌の新陳代謝。女性と違ってそんなに手入れするわけではないので、ある程度肌が傷むのは…

歌えない歌

作業所のメンバーでたまにカラオケをすることがあります。最初はしぶって参加しませんでしたが、何年もたつとすっかり慣れて、今では毎回のように参加しています。ピアノを弾いていたことがあって、音程もそこそことれています。 でも、私がカラオケで歌う歌…

アルバイトしようかな

以前の記事ですでに書きましたが、親の預金口座がマイナスになってます。穴埋めのために私も作業所の給料を少しだけ渡していますが、ほとんど返済になっていないのが実情です。なので今年はあれをしようかと。 もったいぶった言い回しですが、端的に言うと、…

はてなブログ

Seesaaブログで始めたこのブログ、次にFC2にいって最後にここにきました。はてなブログが他のよりよかったということはなく。とりあえず前のふたつのプロバイダのテンプレートにあまり魅力を感じられませんでした。 はてなブログに落ち着いたのは、文字がす…

アウティング

一橋大学でLGBTの男子学生が自殺したというニュースをポータルサイトで見ました。アウティング(outing)っていう言葉は知らなかったのですが、自分の性に関する秘密を暴露されてしまったことがひとつの原因と言われています。 他人事じゃないです。私も親しい…

妄想の判定

精神科医が患者が語る話を妄想だと判定するのはどんなときでしょうか。例えば、統合失調症の患者さんは想像と現実との区別がつかず、語られるエピソードは妄想だと判定されるケースが多いみたいですが。話はそう簡単にはいかないと思います。 私が作業所で統…

ヘイトクライム

つい最近、凄惨な事件が起きました。神奈川県相模原市の障がい者施設で20人近い人が刃物で殺されるという恐ろしい事件。犯人の主張を聞いて、こんなバカな話があるかと怒りが湧き起こりました。でも、こういった犯罪は、今、海外でも頻発しているようです…

引きこもりの私へ

社会的引きこもりになってかれこれ10数年。高校を出てから引きこもって、ただ時間を無駄に費やしたので、今になってそのツケがいろいろ出てきました。自分の時間も可能性も閉じていく一方。嘆いてみても戻ってきません。 でもその当時はまるで行ける場所も…

ひとりランチ

ひとりで行くのが不安なせいか、あまり店で食事はしない方です。そう言えば。作業所の近くに居酒屋とか天ぷら屋とかがあるのに、一度も行ったことがない。タコ焼きの屋台に寄ったことはあるけど。その程度です。 ひとりでも行けるところは、マクドナルドとか…

アンガーマネジメント

作業所で割と仲の良いT秀さん。私にも親しく接してくれて、いつも笑いをとろうと一生懸命になってくれる人。本人の自己評価はあまり高くはないようですが、どこどなく憎めないかわいい人です。 そんな彼にも困った部分は存在します。それは怒りの解体が下手…

ノーワーキングプア

我が家は両親が高齢なため、年金生活をしています。私は作業所に通っていますが、企業に雇用されて働いているわけではないため、働いているとは言いがたいです。なので、我が家では働いている人はいません。 働いていないので貧乏なのは当たり前ですが。年金…

働きたくないこと

両親ももう70になり、小言を言われることも出てきました。いつまでもふらふらしていないで働いてほしいというのが本音のようです。作業所のスタッフのひとりにも働きに行きなさいと言われますし、メンバーさんにも働けるよと言われます。 誰に言ってもどう…