読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

今日の出来事(2015/5/15[金])

今日も授産の日。昼食になる商品を作って販売しました。今回は実際に販売しに行くため、割と忙しかったです。販売担当になった当番の人が売りに行きますが、今日は私ではありませんでした。商品を作った後は当番に任せて残りは後片付けです。

実を言うと当番に当たるのはイヤです。ランチタイムの間中販売所にいなくてはいけないからです。かなり長い時間を延々と売れるときを待つというのも苦痛なものです。まだ売れ筋ならいいですが、こちらは隣のお弁当屋にほとんど客を持って行かれ、売り始めから閑古鳥が鳴いています。

今日も売り上げはわずか2千円ほど。あまり売れずでした。みんなお弁当の方がいいんでしょうね。宣伝するのにも限界があって、本当に障がい者の授産という感じ。一般の店と本気で競争したら万に一つも勝てません。買ってくれるのはほとんど福祉関係の人ばかり。お情けで買ってもらってるようなものです。

作業所の工賃が月数万あるところも存在するようです。うちは絶対無理。月1万稼ぐのでさえものすごく大変です。そんなに給料があるところは一体どうやってるんでしょうか。商品が売れ筋のものとか、他にはない特徴があるとか、広い顧客網があるんでしょうか。

一般のところで働けたら、こんなちまちまと小銭を稼ぐ必要はないんでしょうけどね。行こうにも勇気がないし技術や体力もない。パーソナリティ障害ぐらいなら確かに障がい者の作業所で低賃金で働く必要はないんでしょうけど。まだ外に出る気になりません。

工賃のアップは前々からいろんな形で計画されているようです。ただ、都道府県の支援がどうしても必要になってくるので、あまり予算を割けない以上、その額も大幅増とはいかないようです。作業所に通うのに負担金がもっと必要になったら、そのときはもうやめるしかないでしょうか。

眠かったので帳簿つけの際にちょっと寝てしまいました。疲れた。来週までしばし休息です。