読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

今日の出来事(2015/5/22[金])

今日は授産の日でした。大口の注文というか、かなりたくさん商品を作ることになったため、結構な忙しさでした。バザーみたいなものです。本当は2種類ぐらいかけもちで商品を仕上げているのですが、今回は数が多くて1種類しか担当できませんでした。メンバー、スタッフ双方、忙しさで殺気立つような雰囲気。イライラ感が募る中、私もメンバーのひとりと仲違いしてしまいました。

きっかけは調理責任者S進に言われてT秀が手伝いに来たこと。忙しかったので彼にある調味料を少しかけてくれるように頼んだのですが。彼は入れ方が分からないといい、そして中を見てあまり入っていないと呟き、どこかに消えました。こちらは急いでこなしているのですが、彼はしばらく待っても一向に調味料をかけに来ません。

こちらの作業が終わる頃、何をやっているのだろうと彼を探したら、その調味料を容器に詰めていました。ちょっとしかかけないものなのに、なぜこんなに時間がかかるのだろうと思い、彼に再度かけてくれるように頼んだら、「今入れ終わったとこ!」と怒鳴り、こちらに来て調味料の容器を無造作に置くと、作業を放棄して別のことをやっていました。

ムカつきました。調味料は別の人がかけてくれましたが、なぜか出方が半端じゃない。よく見たら容器いっぱいになるまで詰められていました。

こんなに要るわけないでしょ? 何であふれるぐらい詰めるの? こちらも怒鳴りたいところでした。入れるなら入れるでいいけど、先に待ってるこちらをすまそうとは思わないのか。しかも自分がぎりぎりまでたくさん入れたくせに、他人に催促されて癇癪を起こし、作業を放棄する。私には許せませんでした。

彼とは一番仲がよいと思っていましたが、今日はもう話をする気にもなれず、閉所時間前に帰ってきました。当分彼とは距離を置くつもりです。ほとほと愛想が尽きました。やりたくなかったら最初から来なければいい。

今日の授産で売り上げは若干上がりました。でもかかった材料の費用が半分くらいかかり、結局大して売れなかったような形で終わりました。何とも達成感のない幕切れ。売れ残りも少なからずあり、労多くして功少なしでした。当分やりたくない。

今週はこれでおしまい。ゆっくり休もう。