A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

説明責任

昨日ミーティングがあったのですが、施設長Hにとある苦情を申し立てたところ、とうとう口論に発展してしまいました。

夏になってきたので作業所では空調をつけています。ところがこの空調の温度、施設長Hが決めて、しかも他のスタッフにリモコンを触るなというのです。つけるのも消すのもHの判断です。冷房の強い方は概ね25度に設定してあります。直接風が当たるところはかなり寒いです。

空調をつけ始めてから、スタッフが寒いと私に漏らすようになりました。そして段々とメンバーの中にも寒くていてられないという不満の声が上がってきたのです。

私も一度寒いから2度ほど上げて欲しいと頼んだことがあります。そうしたら、26度にするから風の当たらないところに行ってと言われました。とても腹が立ちました。空調ぐらい利用者のニーズに合わせて自由に変えたらいいじゃないかと。

昨日ミーティングでメンバーの中から言ってとスタッフに言われ、私が寒いと口にしました。すると、向こうに行ってと言われました。みんなが寒いと言っているというとみんなって誰ですかとか、向こうに移動すればいいだけじゃないですかと言われ、カチンときました。

そこから口論になりました。Hが言うには、冷房をつけていても暑いと言う人がいて、寒いのは服を着て対処できるけど、暑いのはどうにもできないからというのです。でも寒い方の空調に暑がっている人が来ている気配がなく、そのことで文句をいいましたが、暑がっている人が誰かあなたは知らないでしょうと言われました。

大方の人が寒がっていて体調を崩しつつあるのに、その暑がっている人のために空調を止めないと言うのです。おかしいと言いましたがおかしくないですと言い返されました。さらに全部あなたの思った通りにはなりませんと、まるで私が無茶な要求をしているように言ってきて心底腹が立ちました。

他の人も抗議しましたが、そのたびに上に書いたようにその人の発言をたたきつぶしていくのです。これは利用者の意見を尊重する福祉施設の職員の発言ではないと思いました。

暑がっている人がいて、その人のために空調の設定を低くしたいなら、そうメンバーに説明するべきではないのでしょうか。何も言わずに勝手に空調を自分の管理下に置き、嫌なら移動しろと言うのは横暴なことではないのでしょうか。

冷房をつけていてもまだ暑いと感じる人がいて、こちらの空調はその人のために温度を下げたいと思います。寒い人はこちらで過ごしてもらうことにしたいのですが、それでいいですか。こんな風に説明を受けたのなら、なにもミーティングで苦情を言うこともありませんでした。譲り合う気持ちがあるなら、ちゃんと暑がりの人に譲歩できたでしょう。

これらの過程を全部省いて決定事項だけ守れと迫るのは横暴だと言われても仕方ありません。他のメンバーに何の説明もなく、一方的にHが勝手に決めたことを守らされるのです。変です。メンバーが了承しなくても施設長Hの決めたことには従わなければいけないとなったら、みんな嫌なことを我慢しなければなりません。

こういう風な現場を作った時点でHは福祉施設の職員失格だと思います。そもそも冷房が寒いと言い始めたのは他のスタッフです。H以外のスタッフは全員過度な冷房にさらされて寒いと感じています。ということは、Hが冷房のことを決めた際も、他のスタッフに一度も相談しなかったのでしょう。

他のスタッフたちは、メンバーの声を通してしかHに要望を伝えられなかったのです。暑がりの人のために調整をするのは間違いではありませんが、他のメンバーの意思を無視して決められたことに納得しろというのはおかしな話です。

これからもHは自分で勝手に決めてそれを施設長命令としてメンバーやスタッフにも守らせるのでしょう。独裁国家じゃあるまいし。施設長だから何でも決められると思っているようですが、信頼の置けない施設長などいても迷惑なだけです。私は早くやめるべきだと思っています。

メンバーの発言にきちんと尊敬を払っていない上から見下したようなHは福祉施設には向きません。どこかの市役所にでも勤めた方が批判的でいいような気がします。