読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

グレーゾーンの健常者

私の父は健常者です。障がい者のことは何も知りませんし、興味も持っていません。内科的な疾患を抱えていますが、身体障がい者には当てはまらないでしょう。精神的にも何ら異常なしということで、自分は普通だと信じて疑うこともありません。

でも、私はひそかに父は精神科領域の問題を抱えているのではと思っています。理由はいくつかあります。まず細かいところへのこだわりが強いこと。トイレのドアが閉まっていないという理由で声を荒らげることが昔はありました。潔癖症なのか、部屋の中がきれいに整頓されていないと許せないようです。

どことなく、強迫性障害の「巻き込み」に当たるような気がしました。私と母はどちらかというとズボラだったので、父の潔癖症にはついていけませんでした。でも言う通りにしないととても怒るので、渋々従っていた記憶があります。特に勤めていたときはかなりその傾向がありました。

今は定年になって割とのんびりできるのか、巻き込みで家族にきれいさを強要することはないのですが、その代わりに別の問題があります。突然何か思いついたように日曜大工や家の修繕を始めるのです。段々イライラしてくるのか、こちらがテレビを見ていると、消せと怒ることも。

作業を始めるのは本人の勝手で、他の人には関係ないのにと思ったことが何度もあります。そうして意気揚々と始めた後、今度はドーンと落ちるのです。一日中頭が痛いとかしんどい、風邪ひいた、死にそうなどという不調の言葉を延々と繰り返し、聞いているこちらが不愉快な思いをします。

ガッと急激にテンションが上がったりドーンと気分が落ちる。まるで双極性障害の患者みたいだなと思います。もちろん口に出してあなたはそうだと言ったことはありませんし、言ってもどうせ否定するだけでしょうから言いませんが。こういう状態にたまになるので、病気ではなくても、そういった傾向があるなと思ってしまいます。

こういう父に振り回されることがあるので、私はあまり接触しないでいます。何かごそごそ動き始めたら自分の部屋に行って避難します。寝転がっているとこちらをにらんでくるときもありますし、だらけていると何かにつけてこちらのあら探しをして怒るので、おちおち休んでいられません。

こういったことがもしかしたら精神科の薬でなら改善される可能性はあります。でも教えてあげようとも思いません。絶対に否定するに決まってるからです。少々抑鬱状態になろうとも、自力で回復してもらいます。

父は本当に健常者なのか、今も判断がつきません。専門家に診てもらう気もないでしょうし。私としてはかなり黒に近いグレーゾーンの健常者です。