A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

7にグレードアップ

以前の記事に書きましたが、私の通う作業所のパソコンのOSはWindows XPです。アップグレードする必要性を感じないと言われていたので、セキュリティーに不安や不満があるままXPの使用が続いていました。今日パソコンを使っていたとき、たまたま近くにいた施設長Hに話しかけられ、Windows 7にアップグレードすると告げられました。

ようやくか、と思いました。もちろん施設長Hは私が頼んだからアップグレードしてくれるわけではないです。ここ最近起こっている妙な現象に対処できないから。それだけの話です。こういうときにはアップグレードとか言うのかとムッときましたが、少しでも安全に使えるならそれにこしたことはないので。大いに賛成です。

最近起こっている妙な現象というのは、よくYouTubeを見ているメンバーさんが、動画が見れないと言い出したこと。この人はYouTubeに辿り着くまでのやり方は他の人に聞いて知っていますが、それ以外のことはあまり詳しくないようです。手順通りにXP付属のInternet ExplorerYouTubeにアクセスしたところ、つながらないと言いました。

私も一応試してみたのですが。本当につながりませんでした。ページが表示されましたと下の枠に表示が出るだけで、画面は真っ白。ページの更新ボタンを押しても全く表示が変わりません。おかしいなぁと、私が勝手に黙ってインストールしていたFirefoxに切り替えてみると、今度は何の問題もなくページが表示されました。

Internet Explorerがバージョンが8で古いからだと思いました。YouTube側のサーバーで対応外のブラウザをはじいているのかもと。勝手な憶測でしたが、私には他に理由が思い浮かびませんでした。今日施設長Hがアップグレードすると言ったとき、そのことを聞いてみたら、Flash Playerがどうにかなっているんだろうという返答。

adobeFlash PlayerがInternet Explorer 8に対応しなくなったのでしょうか。そこまでは私も考え付きませんでした。Flash Playerのバージョンがどうあれ、YouTube側が拒否しなければ普通に見られるような気がしたのですが。今もどういうことになっているのかは分からないままです。

ともあれ、XPから7に替わってめでたしめでたし、……ということになるのかなぁ。残念ながらXPは7にそのままアップグレードできません。XPから7へは新規インストールになるため、ディスクの中身は一切合切消えてしまいます。施設長Hの話では、バックアップ等を専門の業者に依頼するのだとか。

やれやれ。新しく替わるのに予想以上の手間がかかりそうです。