読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

どうでもいい服

私にはどうでもいいこと。そのひとつが着るもの。本当にどうでもいいんです。一週間続けて同じ服を着たって平気。場合によっては一か月でも二か月でも。キモイと言われてきた人間が、外見を着飾ってもどうにかなるとも思えないし。そんな感じですっかり自分自身のファッション性を放棄してしまいました。

でも一応朝出かける服を選ぶときには迷います。自分としては本当はずっと同じ服でも気にならないのですが、そこはそれ。どうしても他の人の目があります。同じ服をずっと着続けていたらやはり何か言われるでしょう。なので一応昨日と違う服を着るようには気を付けています。

ただ、その気の遣い方もどこかズレているようで。冬場は基本週に一日交替で交互に2着の服を入れ替えで着ています。そこもかなり変ですが、さらに言うと、上に着ているフルジップのフリースの服は一か月ずっと同じ物。つまり上着を脱ぐと、その下は結局いつも同じ服だったりするのです。

フルジップのフリースはあまり脱ぐことはないので、どうせ見えないからと下の服を昨日と同じにして手を抜いたりして。人の目がどうこう以前に悪臭がしては困るので、さすがにひと月たったら洗濯しますが。もしかしたら、人に「毎日同じものを着ている」と言われても案外平気だったりするかもしれません。

これには一応事情もあります。たくさん洗濯物を出すと、干している父が文句を言うからです。こんなにいっぱい洗濯に出しやがってと父が言っていたと母から聞かされたことがあります。洗濯物も気を遣って出さないといけないわけです。仕方ないので冬場の生地が厚めのものはあまり頻繁に取り替えないようにしています。

ところで。私が持っている服はどれもかなり地味なもの。目立ちたくないからか、暗い色の物ばかりそろっています。そのほとんどが無地で、ファッションで自分をアピールするとか表現するとかいった気概などかけらもありません。むしろ何かメッセージ性を強く持った服は疲れるので嫌いです。

世の中でファッションセンスがあるともてはやされている人は一体どうしてるんでしょうね。毎日着替えてたくさん出た洗濯物を自分で洗って干しているという感じが全然伝わってきませんし。衣装持ちの人はどうやっているのか想像すらできません。私にしてみれば一週間毎日違う服を着るのは無駄でしかないし、洗い物が増えるので環境的にもけしからんと思います。

作業所ではレクで出かける予定があるたびに新しい服を買う人がいますけども。私だったら他のものに使いたいな。

10年ほど前の下着をまだ洗って着続けている私。毎日どうでもいい服を着て出かけています。