読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

レクの定番

雑記

作業所にはレクリエーションというイベントがあります。メンバーミーティングの際にみんなでどこに行くとか何がしたいとか決めます。言ってみればみんなで作るイベントです。外食に行くとか、スポーツをするとか。やりたいことの数だけ選択肢があります。

でも、ここ最近はレクはほぼすべて外食。一応私としては外食でないのも候補に挙げてみたりしますが、あまり興味がないのか、誰も乗ってきません。以前はテニスコートがあるグラウンドに行き、テニスの練習をしたとか聞きました。

前はそんなことがあったんだと感心しましたが、私が作業所に入ってから、一度もスポーツレクが実現したことがありません。プールに行くというのも、水着になるのが嫌だからか、ほとんど多数決で除外されています。

温泉や風呂といったものは何度かありました。レクに決定して行った人もいるみたいです。私は裸になるのが嫌なのでプールも風呂も全部頑なに拒否しました。他にもソフトボールの練習をしたり、ボーリングや卓球をしに行ったこともあるそうです。

今はそんなことがしたいと声が上がりません。不思議なことに。私はプラネタリウムに行くのはどうかと提案しましたが、あえなく自分の一票のみ。落選しました。水族館や美術館に行くというのならまだありそうですけど。

外食もまた、あまり変わり映えしない感じです。ラーメン、回転寿司、定食屋、ファミリーレストラン、焼肉屋、などなど。そのどれもが目を見張るほどおいしいわけでも不愉快になるほどまずいわけでもなく、まあ食べてこんなものかという感じ。

どこかに行くのは賛成だけど、あんまり高いのはお金が、ね……。こんな気持ちがメンバーに浸透してしまっているのか、高級料理店などというものはほぼ出てきません。どこかのカフェやレストランのランチというのがせいぜいです。

ついでに言うと、年齢が上がってくると、何か見るよりも食べることの方が関心が高いです。デパートやショッピングセンターに行ったとしても、食べ物屋にどんな店があるのかに関心が集まります。

テニスとかやってもいいと思うけどなぁ。私がいくらそう思っても、この頃のメンバーさんは腰が重くなっていて、わざわざ疲れに行くのもおっくうに感じるだけでなく、何かしなければいけないとなると途端に嫌がられます。

それでも、やっぱりどこかへ行きたいですね。もう30代になって人生の半分が終わりつつあって、自分の持っている時間がどんどんなくなっていくと思うと、何かしなきゃと焦ってきます。

よっぽど苦手なレクでない限り、私は参加することにしています。その方が、知らない店に行けたりどこか知らないところに行けるからです。少しでも楽しい記憶を残したい。

レクがどこになっても、できるだけ参加し続けたいと思います。