読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

やっと1年

つぶやき

今日でブログを始めてから1年たちました。

精神関係で自分の思ったこと、感じたことを記事にしたいと思って始めたこのブログ。アクセス数はほとんどないので成功したとは全然言えませんが、一応それでも自分の書きたい記事を書くということではある意味成功したかもしれません。

ひとりから始まった「こころの部屋」というグループも、今では50名を超えました。それだけ生きにくいと感じる人がいるということなんでしょうか。

横のつながりはないので、同じグループの人との交流はありませんが、時々他の人の記事を読ませてもらったりしていました。

接触障がいの人、ニートの人、うつの人、双極性障がいの人、など。いろんな人がいますね。私とある部分が重なる人もいますが、その人によって困っていることやつらいことは様々なようです。

1年続けてみて、自分のことが整理できたということは残念ながらなく、いろんな部分を切り取ってみましたが、全体としてはカオスであることに変わりはなく。もやもやとした日常の中にいることは以前と同じです。

ただ、つらいと思っていることを文字にしたことで、自分がつらいことはこういうことだと改めて思い返すことができて、少しは「喪の作業」というか、現実を受け容れることに近づいたかなと思います。

一応今後も続ける予定ではありますが、今後も誰かの賞賛や批判を気にせず、自分の気持ちをまず第一にしようと思います。今後は更新も滞ると思います。

発信できる情報は役に立たないので、エッセイというよりかは単なる個人の感想文でしかありませんが。お読みくださった方に感謝します。

ありがとうございました。