A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

福祉ってどんなものか

ある内職をやっていたときのことです。知的障がいがあるM哲という男性が内職を始めようとしました。その内職はある紙の枚数を何十枚か数えることから始まります。M哲はいつもと同じように数え始めました。でも、実は彼にとって、数えることはとても苦労することのひとつです。

彼は一応物を数えることはできますが、よく間違えます。数の数え方をきちんと教わることができなかったのかもしれません。他の人と同じようにやろうとしますが、結構な確率で数を飛ばしたり、数え間違えます。お金の計算もそうです。桁の概念もあやふやなので、500を50と言ったりすることもよくあります。

今日はその内職でM哲の不正が発覚し、スタッフに大分怒られていました。紙の枚数を数えたかと聞かれ、数えたと嘘をついたのです。でもすぐ間近にいたスタッフをだますことができず、お説教となってしまったのでした。

でもこの内職で怒られることになったのは、割と最近になってから。それまでは紙の枚数ではなく、別の分厚い冊子のほうを数えていたため、割と数えやすかったこと。そして。多分誰も数えたかどうか詰問しなかったため、数える工程をこっそり省略していたのだと思います。数えていたら数が合わずに何度も数え直すはずですから。

M哲は何度も怒られながら、何回も紙の枚数を数えていました。そして何度も間違えていました。紙の枚数を数えることも仕事に入っているとスタッフはM哲を責め立てます。M哲は作業工賃がちょっとでも欲しいので、早くやりたいのになかなか進まず、苛立っていたのではと思います。

この状況を内職をしながら聞いていました。確かに、数えることも仕事のうちです。他の人が面倒でも数えているのに、ひとりだけ数えないというのでは公平ではありません。

でも。本人のプライドをねじ曲げるような形で、その人が不得意なことを厳しく追及し、きちんとできないと許さないというのが少し引っかかりました。同情したわけではありません。私はM哲が嫌いですし、彼が守銭奴みたいに工賃に固執するのをうっとうしく思っていました。

ただ、こんな風に他の人がいるところで、できないことをことさら怒られなければいけないものだろうか、と思いました。彼が数えられないことは、しばらく見ていればすぐに分かるはずです。その苦手に真っ向から向かい合わせて逃げることを許さないのは、福祉のすることだろうか、と。

福祉って、できないことを認めてくれるものじゃないのだろうか。いたずらに苦しめることは、その人の尊厳を踏みにじっていることにはならないか。

親が子どもに苦手を克服するために鬼になるというのは、まあ分かります。でも、福祉施設の職員は親の代わりではないし、またその必要もないはず。数えるのが苦手なら、別の形でその人がやりやすいように支援できないものなんだろうか。

やみくもに間違えたらダメだと目を吊り上げるより、ここまで数えられましたねと言って、不必要な罪悪感を与えるでもなく、プライドをへし折るでもなく、その人が今できることを大事にしてあげてほしい。

━━と、頭の隅でそんなことが思い浮かびました。

利用者を尊ぶ気持ちが欠けているような。そういう違和感がありました。