A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

告白という映画

先日NHK-BSプレミアムで「告白」という映画を見ました。湊かなえの小説が原作で、松たか子が主演の映画です。湊かなえはメディア等の評判で結構怖いという話を聞いていたので、見るかどうかためらいましたが、結局最後まで見てしまいました。

感想を端的に書くと、「全員むごい」です。自分たちの勝手な主義・主張のために、罪もない子を手にかけた生徒2人。自分の子供の悪い部分を見ることを拒否し、我が子を刺した母親、執拗ないじめを繰り返したクラスの生徒たち、何の事情も知らずに勝手な理想論で自己満足に走った教師、その教師に責任を全てなすりつけた女子生徒。

そして、我が子を殺された復習に家庭や人間関係を崩壊に追い込み、憎しみ合うように他人を操作した女性教師──松たか子さんが演じた森口という女性教師のことです。

全てがドス黒い雰囲気に憑りつかれていたような、救いのない物語でした。もちろん、冷静に考えると、ここまでの惨状が繰り広げられるというのはおかしな話で、松たか子さんも警察に捕まりそうなものなのですが。

物語の雰囲気が、全て順調に運んでしまったということを違和感のないように感じさせてしまいます。

私がこの物語で見たのは、「子どもの残虐性や、表に出てこない悪意を、まるで見ようとしない大人たち」でした。森口という女性教師の娘を殺害した生徒2人の残虐さ悪意に、教師や親は誰も気が付きませんでした。

途中で森口の子どもを殺害した生徒2人は、それぞれ近しい関係の人を1人、殺害しています。

この映画では少年法によって守られるということに対してかなり鋭い皮肉を込めて描かれています。反省の作文を書けばそれですんでしまうと劇中のセリフがあります。一度本人が地獄に落ちてからが本当の更生だ、という風にも感じる強烈なラストに、何がいいのか悪いのか、複雑な気持ちになりました。

気持ちは何だか分かりそうな気がします。自分の子どもを殺されたら、怒らないわけにはいきません。でも、他人に精神的に強烈な恐怖や圧迫を与えることは、じゃあ許されるのかと考えると、そうだとは私には簡単に言えません。

家庭を崩壊させて親が子を、子が親を包丁で刺すような状態を作ったり、クラスの生徒がいじめをするような状態を作ったり。血が飛び散るような凄惨な光景を目の当たりにすると、一番むごいのは森口だと思えてなりません。

ついでに言うと、森口は直接関係ない教師を操作して、彼の教師人生を再生することもできないほど粉々に叩き壊しました。無関係な人間を巻き込んだわけです。少年が作った爆弾を母親のところに移動させたりもしました。彼女の復讐のために。

心を追い詰めることを意図的にする人間は、とても残虐な人だ。精神的に追い詰められたことのある私は、そう感じます。

あるいは森口自身も誰かによって止められなければいけなかったかもしれない。そこには、狂気に取り込まれた、精神を病んだ姿が垣間見られます。