A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

消えた夢

私には少し前まで夢がありました。それは、いつか諦めるときがくると思いながらも、なかなか捨てられなかった夢。その夢とは、「心の専門家になる」というものです。具体的に言うと、臨床心理士になるのが私の夢でした。

昔から人の気持ちに対して意識することがかなり多かったですし、心の専門家として誰かの助けになることを密かに夢見ていました。そのために通信制大学に通うとか大学院に進む道なんかも、頭の片隅にあったのですが。

今現在は、その夢を諦めようと思っています。その理由は、ただひとつ。アウティングにさらされたとき、私は自分が崩れていくのを止められないからです。

私の家の近所の子どもは私が性倒錯者だということを知っています。たまたま道でばったり会おうものなら、全力で走って逃げていきます。

中でも一番つらいのが、その子どもたちが、私のことを知らない子どもたちに面白半分にアウティングしていくこと。ときには私の家まで来て、「ここの家の人さあ、……」と知らない子どもをわざわざ連れてきて、私の性倒錯をバラしていきます。

その子どもたちが家の近くにいるせいか、まともにその会話が聞こえてきて、何も言えずに身体が固まって動けなかったことがありました。

何で生きてきてしまったんだろう。私は私が存在することを、その侮辱の言葉から守れませんでした。

私が臨床心理士を諦めたのは、何かでアウティングが起こった場合、それでなくても性倒錯がなかなか隠せない私は、きっと粉々に打ち砕かれてしまって、クライエント(相談依頼者)のことを考えるどころではなくなってしまう。そう思い知ったからです。

私の性倒錯を知った人の侮蔑の顔を思い浮かべると、とても恐ろしいし、とても平気ではいられない。私はアウティングされないように隠れて生きるしかないんだ。そんな風に思いました。

心の専門家になりたいというのは、あるいは今カウンセリングをしてくれている臨床心理士の先生に陽性転移(好意感情を持った、というか、同化願望があったというべきか)したせいかもしれません。

今となっては分かりませんが、違うと自信を持って断言することはできませんでした。臨床心理士になることで、自分の傷を癒そうとしてはいけないし、自分の役割をそれで手に入れてもいけない。

職業倫理を考えるというような全くの畑違いの行為にまで及んでいたのは、悲観することで自分の境遇を慰めたかったからかもしれません。

もしこの夢に無理やりにでも突き進んでいたら、私はどうなっていたでしょうか。大学の費用を稼ぐために目標を持って前向きに社会に出られたのか。居場所を失いたくなくてずっと作業所をやめられない私には、そんなことがありえたような気がしません。

性倒錯を公表している臨床心理士精神科医がいるかもしれませんが、オープンにして侮蔑されても自分を保つためには何が必要なのか、私には想像もつきません。

最近「Xジェンダー」という概念を知って自分もそうかもしれないと思い始めました。せめて私は私を助けられたら。

それでも、自分で取り下げた夢の穴は、決して小さくはありませんでした。