A leaf in a bottle

とある精神疾患者の日常

A型探しはどこへいく

施設長や常勤スタッフがすっかり嫌になってからしばらく経ちます。あれから作業所を移ろうかと思って、地域活動支援センター(地活と略)のケースワーカーさんに相談をしています。

私の場合、いろいろと以前に書いた通り、経済的な困窮が現実問題として常に横たわっていて、今の作業所では全然暮らしが楽にはならないことは分かっていたのですが、居場所を捨てる勇気がなかったのでズルズルと先延ばしにしていました。

今作業所を変わるとしたら、A型しかないと思っています。少なくとも最低賃金が出るため、今よりはるかに収入が増えるのは確かです。

ただ、内職は今の作業所でかなりやってきたので、A型でも内職を続けるかと言われたらやっぱり違うのがいいというのが正直なところでした。ケースワーカーの方に条件として、パソコンを使う仕事がいいという風に伝えました。

パソコンを使う作業はそんなに嫌ではないし、むしろそのほうが自分の望んでいる仕事に近いと思ったので、第一条件として考えてもらうことにしました。

結論から言うと、ダメでした。ケースワーカーの方は別に難しいとは言わなかったのですが、どんな事業所があるかハローワークに聞きに行くと、市内にはありませんと断言されました。

私は仕事内容にデータ入力と書いてありましたよと、そのA型施設のホームページを見たことを伝えたのですが、ないと思ってくださいときっぱりと言われてしまいました。

詳しく聞くと、そういった仕事はほとんど入ってこないのが現状なのだそうで。ほとんどが内職などの軽作業で成り立っていて、いざ登録すると話が違うということになると説明されました。

障がい者施設にデータの入力を依頼する企業や団体なんてあまりないんでしょうか。入ってきたとしてもその入力作業を全員でできるほど量がないのかもしれません。

都道府県の中心部くらいになるとありますが、と一件紹介されましたが、そこは電車でかなり距離がありましたし、交通費は5千円までで給料を前倒しで使うことになるのは目に見えていました。

帰ってきて何だか落ち込みました。データ入力とか事務なんかがすぐできるかといえばそうではないらしいということを、今回初めて知りました。仕事をするにしても、まず仕事を施設が受けてこないといけないんですね。

そういったことは全然考えてませんでした。ただやってきた仕事をこなしてお金がもらえるのかなと。東京ならいざ知らず、地方ではこんなものでしょうか。

A型施設探しが暗礁に乗り上げてきました。一件は新しい施設で求人が出ていましたが、話を聞いた後では登録して紹介してもらう気にはなれませんでした。多分そこもデータ入力なんかはほとんどなく、内職をすることになるのかもしれません。

ケースワーカーの人にはまだ言ってないので今後どうするかはまだ未定のまま。どうして動こうとすると、こう悪いほうに行っちゃうんだろう。

何でもすんなりいかないのが悔しいです。